lunch 11:00~15:00 dinner 17:00~23:00

当店は完全予約制となっております。

ご予約・お問い合わせTEL.011-215-5584

ワインセミナー

「ちょっと知るだけで、 凄く面白くなるワインの世界」

テイスティングチャレンジとは?

色の見方やワインの基礎知識、いまさら聞きづらいワインのマナーなど「たのしくワインで遊ぼう!」
をコンセプトにした、大人のための体験プログラムです。
ソムリエのようにワインを試飲する「ソムリエごっこ」をしてみませんか?

テイスティングチャレンジのポイント

  • ・1回完結型だから気軽に体験ができる(約60分)
  • ・1日1組限定の予約制で、周りを気にせず体験できる
  • ・初心者から経験者まで、ご希望に合わせた内容
  • ・ブドウの違いによる、ワインの違いが見えてくる
  • ・色や香りなど、ワインの魅力がもっと身近になる
  • ・楽しく遊びながら、ワインの基礎知識が身につく

こんな方におすすめです

  • ・ワインには興味があるけれど、よく分からない初心者の方
  • ・ワインスクールへ通うには少し敷居が高いと悩んでいる方
  • ・友人や恋人と休日のランチを過ごす前に、何か遊びや体験をされたい方

セミナーの詳細

実施時間
定休日(火曜日)以外のご希望日 11:00~(約60分)
セミナー代
白ワイン3種類コース   1,800円(税別)
赤ワイン3種類コース   1,800円(税別)
白2種類・赤2種類コース 2,400円(税別)
※当日お支払いください
申し込み人数
1日1組様のみ 2~6名様
体験内容
ソムリエと一緒に異なるぶどう品種のワインを飲み比べながら、ワインが持つ色や香りの魅力を体験して頂き、遊びながらワインの基本的な知識にも触れて頂く内容です。
お申込方法

事前にコースを選択していただき、

お電話にてお申込ください。 TEL : 011-215-5584

ギャラリー

☆テイスティング・チャレンジの様子☆ 2017.1.21. 初めてとは思えないほどにスムーズで模範的なテイスティングをされている佐川様

☆テイスティング・チャレンジの様子☆2016.12.10. 真剣な眼差しでワインを見つめているM様(Y様とご一緒に)

☆テイスティング・チャレンジの様子☆2016.12.10. 静かにワインの香りをきいているY様(M様とご一緒に)

☆テイスティング・チャレンジの様子☆2016.11.05 加藤様ご夫妻(2/2)

☆テイスティング・チャレンジの様子☆2016.11.05 加藤様ご夫妻(1/2)

☆テイスティング・チャレンジの様子☆2016.10.23. 天羽様・田中様・村瀬様(2/2)

☆テイスティング・チャレンジの様子☆2016.10.23. 天羽様・田中様・村瀬様(1/2)

☆テイスティング・チャレンジの様子☆2016.09.18.川本様 ご家族で体験して頂きました

☆テイスティング・チャレンジの様子☆2016.06.17.諏訪部様 ひとつひとつ丁寧に鑑賞されている奥様

☆テイスティング・チャレンジの様子☆2016.06.17. 諏訪部様 言葉からご主人様のお人柄(優しさ)が…

☆テイスティング・チャレンジの様子☆2016.06.17. 諏訪部様ご夫妻 真剣な面持ちですが、お二人からはとても柔らかな空気が流れておりました

☆テイスティング・チャレンジの様子☆2016.05.14 松永様 香りの中に何かを見つけたご様子です

☆テイスティング・チャレンジの様子☆2016.05.14 垣野様 微妙な色調の違いをご覧になっています

☆テイスティング・チャレンジの様子☆2016.05.14 垣野様と松永様

☆テイスティング・チャレンジの様子☆2016.5.7.お姉様とのランチ前に、いまワイン探しの旅へ♫

☆テイスティング・チャレンジの様子☆2016.5.7. J.S.A.ワイン検定ブロンズクラス取得のお姉様

☆テイスティング・チャレンジの様子☆ 2016.5.7. ご姉妹でのランチ前に♫

☆テイスティング・チャレンジの様子☆2016.04.03赤石様 初めてというのが嘘みたいにお上手でした

☆テイスティング・チャレンジの様子☆2016.04.03赤石様 スマートな所作での紳士なテイスティングスタイル

☆テイスティング・チャレンジの様子☆2016.04.03赤石様ご夫妻 センスの良いコメントがいくつも光りました

☆テイスティング・チャレンジの様子☆2016.03.06清水様 2回目のご体験 さすがに慣れて余裕も感じられます

☆テイスティング・チャレンジの様子☆2016.03.06岩橋様 2回目のご体験 今回も素敵な笑顔でテイスティング

☆テイスティング・チャレンジの様子☆ 2015.12.13

☆テイスティング・チャレンジの様子☆ 2015.12.13

☆テイスティング・チャレンジの様子☆ 2015.12.6 伊藤様3/3

☆テイスティング・チャレンジの様子☆ 2015.12.6 伊藤様2/3

☆テイスティング・チャレンジの様子☆ 2015.12.6 伊藤様1/3

☆テイスティング・チャレンジの様子☆ 2015.11.21 O様とご列席のお客様 1/3 ☆ 香りを愉しんでいるお二人

☆テイスティング・チャレンジの様子☆ 2015.11.21 O様とご列席のお客様 2/3 ☆ 2種類のワインで色の違いを見比べてみると…

☆テイスティング・チャレンジの様子☆ 2015.11.21 O様とご列席のお客様 3/3 ☆ 口中へ流れるワインから見えるものは?

赤ワイン3脚

赤ワイン香りをとる

赤ワイン色を見る

テイスティングの流れ

目(外観)・鼻(香り)・口(味わい)の順に3種類のワインを
比較しながらソムリエと一緒に試飲をしてみましょう

  • 1 . ワインの色を見る

    まずは色の濃淡やグラデーションなどを観察してみましょう。
    一見同じ様に見えるワインの色も、ブドウの品種によって特徴があり宝石のような美しさを見ることが出来ます。

  • 2 . ワインの香りを嗅ぐ

    グラスをクルクルと回してワインの香りを嗅いでみましょう。気にしてみるとブドウ以外の香りが色々としてくるのが分かります。
    香りもブドウ品種によって特徴があり、香りから好みの味も段々と見えてきます。

  • 3. ワインを味わってみる

    より深く味わうコツを使いながらワインを味わってみましょう。色や香りから想像していた味と、実際に口に含んでみた時の味を比較してみると意外な発見をすることもあります。

ワインセミナーに関するよくある質問

Q.興味はあるのですが、ワインについて全く何も知らない初心者でも大丈夫ですか?
興味さえあれば、知識などは全く必要が無く愉しめる簡単な内容です。
どうぞ、お気軽にお越しください。
Q.アルコールに弱いのですが、やっぱり強くないとダメでしょうか?
ワイングラス半分〜1杯程度の量をお飲み頂く事が出来れば大丈夫です。
口に含んだワインを飲み込まず、専用の紙コップに戻して頂いても愉しんで頂けます。
Q.当日に何か準備したり、予習したりすることはありますか?
特に何もございません。簡単な資料と筆記用具はこちらでご用意いたします。
遊びに来られる感覚でお気軽にご来店ください。

全く初めての方にも簡単に愉しんで頂ける内容です。 是非一度お気軽にご体験下さい。

知識が無く分からない世界は難しそうに見えるもの。
確かにワインは奥が深く極めるのは大変ですが、基本的な事を少し知るだけで料理の味を引き立てて食事をより豊かなものにすることが出来ます。
また、ワイン自体の多彩な色彩や素敵な香りを鑑賞し愉しむことも出来ます。
ソムリエなどはテイスティングでワインを鑑賞・分析し、色や香りなどからブドウの品種やワインが作られた年・生産地など、様々な情報を推測するのですが、この体験セミナーは皆様にもそれを少しだけ真似して頂く遊び感覚のミニセミナーです。
全く初めての方にも簡単に愉しんで頂ける内容ですので、ワインに少しでもご興味がある方は是非一度お気軽にご体験下さい。皆様がもっとワインを愉しんで頂く為に、役立つことが出来れば嬉しいです。

一般社団法人日本ソムリエ協会 認定ソムリエ 田中栄治

大人のワインクイズ

ワインの基礎知識や思わず「へぇ~」と言ってしまうようなトリビアを中心に
もっとワインを親しんで 頂けるようなクイズを少しづつ更新してゆきます

  • Q4.一般的なワインの価値について適切なのはどれ?

    • 赤ワインは色や渋みが濃くなるほど上質で高価になる
    • 収穫された葡萄により、その年のワインの価値が変わる
    • 古ければ古いほど美味しくなって高価になる

    答えを見る

  • A. 正解は、2番! 収穫された葡萄により、その年のワインの価値が変わる

    ▼ザックリと説明!
    ヴィンテージ(vintage)、英語やワインに興味が無い方でもご存知の方が多い言葉ではないでしょうか?
    ジーンズや楽器などの話で「◯◯年のヴィンテージってチョー希少だよねー」と。
    ヴィンテージのvineとはブドウの木を意味し、「良質のブドウが収穫された年」を示す言葉です。(※ちなみにワインの英語はwine)
    ワインの味はブドウの品質に大きく左右されます。そして、農産物であるブドウは、収穫の年によって品質や収量に差が生じてしまいます。
    「当たり年」と言われる良いブドウが出来た年のワインは、他の年のワインより美味しくなり高価で取引される事になります。
    しかしながら、価値(観)というものは個人個人の好みやシチュエーション等によっても大きく差があるもの。
    自分自身はもちろん、パートナーや周りの方々がその時に一番喜んでくれるものが価値のあるもの…ですよね。
    さぁ!今日もゆっくりと食事を愉しむ為に、ワインで乾杯☆彡

  • Q5.赤ワインの色が赤いのは、ナゼでしょう?

    • 果肉が赤い色をした種類のぶどうを使っているから
    • 皮の色が濃いブドウを使って果汁と皮を一緒に醗酵させるから
    • 木樽の中でじっくりと寝かせているから

    答えを見る

  • A. 正解は2番

    赤ワインと白ワインの作り方の一番の大きな違いは、 ブドウを潰した後に果汁を醗酵させるのですが… 「皮などを取り除く作業をしてから醗酵させる」のか、 「取り除かないで皮などと果汁を一緒に醗酵させる」のか、の違いです。 赤ワインの色は「果肉」では無く「皮」の色なんですね! 「皮と果汁を一緒に醗酵」させると皮の赤い色素が果汁に移って赤ワインになり、「果汁だけを醗酵」させた場合には白ワインになります。 ちなみに、赤ワインが白ワインよりも味が渋いのは同じ理由です。 赤ワインには皮にある渋味が果汁に移っているのです。
  • Q6.ワイン用語でシャンパン(シャンパーニュ)とは何のこと?

    • フランス語で「輝いている、発泡している(ワイン)」という意味
    • フランスの地方名で、そこで生産されている発泡ワインのブランド名
    • 元々はフランス人女性を示す。細長く流形状をしたワイングラスの事

    答えを見る

  • A. 正解は、2番

    フランスにはワイン法(1935年~)によって様々な事が決められ、そしてワインが守られています。 シャンパンとはフランス北部シャンパーニュ地方で厳格な基準のもとに生産される発泡性ワインの事で、規定外のものはシャンパーニュと言うことが出来ません。 例えて言えば、夕張以外の場所で栽培して収穫したメロンみたいなウリを、「これ夕張メロンです」って言って高く売っちゃダメ!って事ですね。 ・シャンパーニュの規定(一部) 使用出来るブドウ品種はピノノワール、シャルドネ、ムニエのみ。収穫は手作業で行う事。 ワイン中のガスは醗酵により発生したもので注入は不可。 二次発酵は瓶詰めした状態で行い、その後の作業工程は一本一本行うこと。 瓶詰め後15ヶ月以上の熟成が義務すること(収穫年を表示したい場合は最低3年以上熟成) ルイ15世の妾ポンパドール夫人が語った有名なセリフに 「シャンパーニュは女性を綺麗にする唯一の飲み物」とありま。 男性諸君!いつまでも女性には美しくあって頂きたいですよね? ぜひ、素敵な女性には素敵なシャンパンを捧げましょう*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

ワインセミナーとランチのお得なセットもございます。

お好きなランチメニューとセットでご予約いただくとテイスティング チャレンジが半額でお愉しみいただけます。