lunch 11:00~15:00 dinner 17:00~23:00

当店は完全予約制となっております。

ご予約・お問い合わせTEL.011-215-5584

News&Topics

  • 2017.07.24

    円山別邸のざっくりレシピ「豚肉の白ワイン煮」

    豚肉の白ワイン完成2

    栄養満点! 意外とサッパリ! 「夏の一皿」

     

    北海道にもやっと夏が来た感じがしますが
    暑さが増してくると食欲が・・・

     

    そこで、今回は栄養豊富で栄養素のバランスもよく
    意外とさっぱりとした味わいで食欲がすすむ
    「豚肉の白ワイン煮」を作ってみましょう!

     

    ホロホロに煮込んだ豚肉の旨み
    白ワインがもたらす上品な酸
    野菜からの出汁とコクのスープ料理です

     

    [材料 10人分]
    豚バラブロック 1kg

    たまねぎ 1/2個
    にんじん 1/4本
    セロリ 1/2本
    ニンニク 少々
    オリーブオイル 適量

    キャベツ


    こしょう
    ディル
    バジル

    セージ
    クミン

    白ワイン 500cc
    水 500cc

     

    [作り方]
    ① 塩・こしょうで豚肉を揉み、ディルとバジルをまぶして一晩寝かせる
    スマイルポーク2
    ② ソフリットを作る。→たまねぎ、にんじん、セロリ、ニンニクを細かく微塵切りにして、オリーブオイルで炒める(※1)
    ソフリット-1

    ソフリット2-2

     

    ③ 一晩寝かせた豚肉を適当な大きさにカットして、表面をしっかりと焼く
    豚焼く-2

     

    豚焼く2-2
    ④ 焼いた肉を鍋に入れてワインを注ぎ、強火で1~2分ほど煮込みアルコール分を飛ばす。
    ⑤ 鍋に水とソフリットを加え一煮立ちさせたら、丁寧にアクを取って極弱火にし、2時間ほど煮込む
    ⑥ 肉が膨らんで柔らかくなったら皿に移し、スープでキャベツを軽く煮てから皿に注いで完成。
    豚肉の白ワイン完成2

     

    フォークで崩れてしまうほど、ホロホロ~っ!
    思わずニヤケてしまう柔らかさです♪
    豚肉の白ワイン-2

     

     

    [ポイント]
    ※1 ソフリットは弱火で焦がさないように気をつける。飴色になるちょっと手前くらいがオススメ。
    ・おいしい豚肉を用意する。肉の品質が味を大きく左右します。
    ・肉をカットする時は、粗熱を取った後に冷蔵庫でよく冷やしてからの方が切りやすいです。
    ・冷凍保存する場合は、肉とスープを別々に。
    ・解凍は自然解凍で、電子レンジは極力使わない方がオススメです。
    ・お好みでゴロゴロとお野菜を加えたり、濃厚なチーズなどを添えたりしながら、お楽しみ下さい。

     

    [おすすめのワイン]
    spk
    コクと旨みがたっぷりの料理ですが、全体的な味の印象は比較的さっぱりとしているので、
    ブラン・ド・ブラン(白ブドウのみ)のキリッとしたスパークリングワイン、もしくは、
    しっかりと骨格のある辛口の白ワインがオススメです。

     

    [備考]
    このレシピは円山別邸で提供している料理のレシピを簡単にアレンジしたもので、
    材料および工程などは多少異なります。

  • 2017.07.21

    J.S.A.ワイン検定 合格者の声

    No.5  金子 慎 SHIN KANEKO
    「もっとワインを好きに…」

     

    ブロンズクラス (2016年04月合格)

     

    円山別邸会場にてワイン検定に合格された金子慎さんに
    受講された動機や感想などをインタビューさせて頂きました。

     

    ──まずはワイン検定を受けた動機についてお伺いしたいのですが?

     

    ワインを飲むのが好きで、少しでも知識増えれば飲むのがもっと楽しくなるかなと思って。

     

    ──どのような事にも共通することですが「全く知らない」のと「少し知っている」のとでは
    確かに楽しめる度合いが全然違いますからね。
    テキストが届いて初めて見た時、どのような印象を受けましたか?

     

    思ったよりボリュームがあったので少し不安になりました。

     

    ──金子さんが不安になった、というのは意外です。本当は余裕だったのでは?
    実際に勉強はどれくらいされましたか?

     

    受験日の2日前と前日に3回くらいテキスト読みました。

     

    ──やぱり!試験の二日前からテキストを読んだだけって、余裕だと思っていたんですね(笑)
    講習会(試験)の当時はいかがでしたか?

     

    絶対不合格はイヤだと思い少し緊張しました。まわりの受験者がとても頭が良さそうに見えました。

     

    ──そう言いつつも満点で合格されていまよね。2~3回テキストを読んだだけで満点は凄いですよ!
    ワイン検定を受けてみて以前と何か変わった事はありますか?

     

    ワインを選ぶのが楽しくなりました。どれ飲んでも美味しいですけど(笑)

     

    ──どれ飲んでも美味しく思えるって凄く幸せな事ですね。
    きっと金子さんは、その時々に合ったワインを選ぶ事が出来るからだと思うのですが、
    これからワイン検定を受講される皆様へメッセージをお願い致します。

     

    今よりもっとワインを好きになりますよ。

     

    ──最後になりますが、金子さんにとってワインとは?

     

    (ちょっと照れながら)夜のお楽しみですかね…

     

    ──お忙しい中、インタビューにご協力頂きまして誠に有難うございました。
    これからも是非、素敵な夜にワインを傾けてください。

     

     

    次回 J.S.A.ワイン検定ブロンズクラス
    ■開催/2017年9月30日(土)
    ■受付 /8月4日(金)~9月12日(火)
    ■詳細/ワイン検定ホームページ winekentei.com

  • 2017.07.20

    J.S.A.ワイン検定 合格者の声

    No.4  Y.T.(女性)
    「品種を気にするように…」
    ブロンズクラス (2016年04月合格)
    シルバークラス (2016年11月合格)

     

    ワイン検定に合格されたY.T.さんに、受講の動機や感想などをインタビューしました。

     

    ──まず、ワイン検定を受けようと思った動機をお聞かせ頂けますか?

     

    面白そうだったから。

     

    ──うわぁ~シンプルな動機ですね(笑)
    では、テキストが届いて初めて見た時、どのような印象を受けられましたか?

     

    覚えることいっぱいありそう!って思いました。

     

    ──それはきっとシルバークラスのテキストですね。
    ブロンズクラスの時は余裕だったと思うのですが、勉強はどれくらいされましたか?

     

    ブロンズクラスは1~2日ですが、シルバーは1週間程度勉強しました。

     

    ──ブロンズクラスは簡単だとは言え、1~2日の勉強で高得点での合格は驚きです!

     

    講習会では試験のポイントとなるところをしっかり教えてもらえたので、やりやすかったです。

     

    ──そう言って頂けると嬉しいです。
    もともとワインはお好きだったと思うのですが、ワイン検定を受けてみて、
    それまでと何か変わった事などはありますか?

     

    ワインを飲むときに、品種を気にするようになりました。

     

    ──ブドウによってワインの味はある程度想像出来るので、
    ワインを選ぶ時に品種を気にするのは便利で楽しいですよね。

    ──最後になりますが、これからワイン検定を受講される皆様へメッセージをいただけますか?

     

    知識があると(今よりも)ワインがもっと楽しくなります。

     

    ──お忙しい中、インタビューにお答え頂き誠に有難うございました。
    どうぞこれからもお食事の際にはワインのブドウ品種をチョット意識して頂き、
    料理とワインが織り成す素敵なハーモニーを楽しんで頂けたら嬉しいです。

     

     

    次回 J.S.A.ワイン検定ブロンズクラス
    ■開催/2017年9月30日(土)
    ■受付 /8月4日(金)~9月12日(火)
    ■詳細/ワイン検定ホームページ winekentei.com