lunch 11:00~15:00 dinner 17:00~23:00

当店は完全予約制となっております。

ご予約・お問い合わせTEL.011-215-5584

News&Topics

  • 2019.01.05

    円山別邸のざっくりレシピ「チーズフォンデュ」

    フォンデュ

    今回は円山別邸のメインメニュー「チーズフォンデュ」のレシピをご紹介致します
    作り方よりも材料の品質が圧倒的に味を左右する料理ですが、
    もちろん丁寧に作ることで更に美味しくなります

     

    円山別邸は2010年に開業してから何度もレシピの改良を行い、
    今もなお細かな修正に試行錯誤を繰り返しております

     

    使わせて頂いているチーズは興部町の冨田ファームさんで作られている
    コタンとカムイスイの2種類をブレンド

     

    世界界的にも有名なエメンタールタイプとグリュイエールタイプのハードタイプチーズです
    熟成香は穏やかでミルキーですが決してカジュアルなチーズという訳では無く、
    ワインとの素敵なハーモーニーを奏でてくれるコクを持つ深みのある素晴らしいチーズです

     

    このレシピを参考にして頂き、ぜひ本物の味わいをご家庭でもお愉しみ頂けたら嬉しいです

    ——————–
    材 料
    ——————–
    チーズ(冨田ファームさんのコタンとカムイスイ) 120g
    白ワイン(チリ産ソーヴィニヨンブラン) 120g
    有塩バター 5g
    タピオカスターチ 大匙1杯弱
    ニンニクペースト 適量
    ナツメグパウダー 適量
    ブラックペッパー 適量
    乾燥パセリ 適量

     

    ———————
    作り方
    ———————
    ① チーズを細かい短冊型(長さ1~2cmほど)にカットする

     

    ② 白ワインを電子レンジにかけて沸騰させる

     

    ③ ②とバターをテフロンのフライパンに入れ強火で一煮立ちさせたら直ぐに火を止めてチーズを加える

     

    ④ タピオカスターチを茶漉しで篩いながらチーズ全体にまんべんなくかける

     

    ⑤ フォンデュ鍋にお湯を入れ、極弱火にかけ温めておく

     

    ⑥ ④を弱火に掛けて木の箸で丁寧に掻き混ぜながら溶かしてゆく
    ※とろみの状態をみて必要であればタピオカスターチを追加する

     

    ⑦ チーズが溶けたらフォンデュ鍋の湯を棄て鍋の内側にニンニクペーストを薄く塗り、チーズをフライパンから移す

     

    ⑧ 仕上げにナツメグパウダー、ブラックペッパー、乾燥パセリを振りかけて完成

     

    ———————
    ワンポイントアドバイス
    ———————
    ・チーズを溶かす時は焦らず状態をみながら丁寧に
    ・チーズを溶かし始めたら出来上がるまで気を抜かず、手も止めない
    ・仕上げのスパイスの量は一緒に飲むワインによって加減する(例)白ワインより赤ワインの方が多め

     

    [備 考]
    ・当レシピは2019年1月5日現在の作り方をもとに作成したものです。

     

    ▼冨田ファームさん公式HP
    http://www.tomita-farm.jp/

     

    ▼円山別邸のメニュー(ぐるなび)
    https://r.gnavi.co.jp/h318300/

  • 2018.12.26

    年末年始~休業日のお知らせ~

    クリスマスも過ぎ
    も~いくつ寝ると お正月♪

     

    円山別邸では下記の4日間が年末年始の休業日となります

    2018年12月31日(月)

    2019年01月01日(火)

    2019年01月02日(水)

    2019年01月03日(木)

     

    他は通常通りに営業を致しますので
    少人数での忘年会や新年会など
    大切な方とゆっくりと過ごされたい皆様

    ぜひご予約をお待ちしております

     

    円山別邸のメニューはこちら(ぐるなび)
    https://r.gnavi.co.jp/h318300/

  • 2018.12.13

    チーズフォンデュに合う!徳島の「晩茶」

    フォンデュ

    チーズフォンデュを美味しく食べる為には、白ワインが不可欠。
    ワインを添えないでチーズフォンデュを食べるのは、醤油を使わずにお刺身を食べるようなものです。

     

    ですが、体調や体質によってアルコールがNGな方は、ワインを飲む事が出来ません。
    そこで、チーズフォンデュを食べる際に円山別邸がオススメするワイン以外のドリンクが「晩茶」です。

    DSC_1992

     

     

    一般的な「番茶」とは違い徳島県の相生、上勝、祖谷など一部の地域でしか作られていない世界でも珍しいお茶をご紹介致します。

    ——————-
    お茶の種類
    ——————-
    お茶には製法によって大きく4つに分類されます。
    ・不発酵茶~緑茶など
    ・半発酵茶~烏龍茶など
    ・全発酵茶~紅茶など
    ・後発酵茶~阿波晩茶、大歩危晩茶、プーアル茶など

     

    茶葉自身が持っている酸化酵素によって発酵を促しその程度によって、「不発酵茶」「半発酵茶」「全発酵茶」に分けられます。
    「後発酵茶」は他と製造方法が大きく異なり、その場所にいる乳酸菌によって発酵させるもので、漬物のような方法で作られます。
    その点では、後発酵茶はナチュラルチーズや多くのワインと似ているお茶とも言えます。

     

    これが晩茶の葉です。
    新芽だと乳酸発酵で溶けてしまう為、葉が大きくなってから7月頃に摘むそうです。
    DSC_1988

     

    ——————-
    晩茶の特徴
    ——————-
    造り手によっても味に違いがあるようですが、香りや渋みなど全体的に穏やかで優しい味わいが特徴です。
    成分的にはカフェインやカテキンの含有量が少ないのが特徴で、整腸作用やアレルギーを抑える効果も期待出来ると研究がされているようです。

     

    ——————-
    チーズフォンデュに合う理由
    ——————-
    チーズフォンデュを食べる際には、ワイン以外の冷たいドリンクは全てNGで、体調や体質等によっては消化不良を起こす場合があります。
    また食べすすめてゆくうちにチーズフォンデュが持っている折角の濃厚さや熟成された味が、冷たいドリンクのせいで逆に“飽き”が来てしまうことも。
    チーズフォンデュの本場スイスなどではアルコールが飲めない方は温かい紅茶を代わりにという話を耳にします。
    全体的に優しく素朴な味わいでほんのりとした酸味を持つ晩茶は、味覚的に白ワインにやや類似する部分もあり、ナチュラルチーズの濃厚でミルキーな味わいを愉しんで頂くためのサポート役として力を発揮してくれます。

     

    もちろん、チーズフォンデュ以外の食事にも合うお茶ですので、ぜひご家庭でも一度お試し下さい。
    DSC_1966

     

    ~~~~~~~~~~~
    円山別邸のノンアルコールペアリング
    ▼ランチコース
    https://r.gnavi.co.jp/h318300/lunch/
    ▼ディナーコース
    https://r.gnavi.co.jp/h318300/menu1/