lunch 11:00~15:00 dinner 17:00~23:00

当店は完全予約制となっております。

ご予約・お問い合わせTEL.011-215-5584

News&Topics

  • 2016.08.03

    J.S.A.ワイン検定シルバークラス講師の認定セミナーと大阪プチ旅行

    先日、約20年ぶりに大阪へ

     

    時間が無くタイトなスケジュールでしたが、
    かなり充実した時間を過ごしてまいりました

     

    今回の目的は、ソムリエ協会主催「J.S.A.ワイン検定」シルバークラス講師になる為の
    認定セミナーです。

    ▼ワイン検定の詳細はこちら(ワイン検定HP)
    ロゴ

     

     

    今回の出張は円山別邸からの出発となり、新千歳空港へのアクセスはバスを利用
    円山バスターミナル

     

    店から徒歩5分もかからない円山バスセンター(始発)から乗車が出来きて、
    空港までの所要時間は75分。運賃は1030円とリーズナブルで、もちろん座れます。

    IMG_20160731_081348

     

    時間帯やシーズンによっても違うかもしれませんが、
    余裕をもって座ることが出来て想像以上に快適でした。

    ▼北都交通(新千歳空港行きダイヤ)

     

     

    空港到着後、まずは朝食に?ソフトクリーム(笑)
    新千歳ソフト

    千歳空港ではフライトに30分以上の遅延がありましたが、
    関西空港からのアクセスがタイミング良くスムーズに出来て、無事に目的地へ到着。

    何かで聞いた事があったのですが、大阪のエスカレーターは右寄りに立つんですね!
    大阪のエスカレーター

    札幌は左寄りに立ちますが、エスカレーターの歩行は危険らしいので、急ぐ時には
    階段を使った方が良いですね!健康の為にも!

     

     

    土地勘の全く無い私でもセミナー会場のマイドーム大阪にはスムーズに到着出来ました!
    セミナー会場案内板
    地下鉄から会場までの各箇所に案内が出ていて、
    大阪って本当に親切なんだぁ~と関心しきりでした。

     

     

    さぁ!いよいよ認定セミナーの受講!

     

     

    ワイン検定はブロンズとシルバーの2クラスあるのですが、その差がとても大きく
    初めてテキストを見た時には講師希望者も怯む方が多いようです。

     

    どれくらい違うかというと、ブロンズクラスのテキストは20ページほどですが、
    シルバークラスは約80ページと4倍!

     

    記載内容もブロンズクラスは文章での説明が多いのに対し、
    シルバークラスはワイン法や産地・品種など専門的な情報の列記が多くなっています。

     

    このテキストを当日の120分だけで説明するのは、かなり困難。。。
    それでも合格率は90%を超えているとのこと。

     

    受講者のみなさんはもちろん、認定講師のみなさんも色々と模索し努力されているようです。

     

     

    そしてセミナーを終え、無事に田中もシルバー認定講師の1人となりました
    検定シルバー(講師認定証)
    認定証とバッジを受け取るとキュッと心が引き締まります

     

    ”ワインの楽しさを感じたことが無い方”
    ”ワインをチョットだけ知りたいと思っている方”

     

    まだ沢山の方々がいらしゃると思いますが
    自分が出来ることは何かを考え探してゆきます

     

     

     

    さてさて
    せっかく大阪まで来たので、少しだけでも旅行気分を味わうことに。

     

    まずは、グリコに会ってきました(笑)
    グリコ看板
    生憎のお天気でしたが、日曜ということもあり道頓堀は凄い人でした
    (いつもこんなに人がいるのでしょうか?)

     

     

     

    その後、夕食をどうしようかと色々考えたのですが、
    やはり美味しいワインが欲しくなり「WINE BAR G」さんへ行ってみる事に

     

    こちらは日本ソムリエ協会関西支部の木林支部長が経営されているお店との事で
    面識は無くドキドキしながらの初訪問です
    エレベーターを降りて扉を開け店内を覗くとバーカウンターが10席ほどあり、
    とても清潔感のあるスッキリとした店内

     

    ガチャガチャしていなく、オシャレで落ち着いているけれど極端に気取った感じもせず、
    人見知りでヘタレ気味な田中が1人でも落ち着いて過ごせそうな空気でまずは一安心。

    まずは、スーっと出て来たグリッシーニを摘みつつスパークリングワインを♫

    MARTINI MONTELERA BRUTマルティーニ モンテレーラ・ブリュット
    G(泡

    雰囲気が違いそうだったら少しオツマミと2杯ほど頂いて…と思っていたのですが、
    最初にオーダーした前菜盛り合わせのボリューム&美味しさとワインの素敵なチョイスに
    居心地の良さと来て、チョット勢いがついてしまいました。アブナイw
    G(白

    G(前菜

     

    私以外にもお一人様でご来店されている方がチラホラとおられ、
    みなさま各々に居心地が良さそうだったのがとても印象的でした。

     

    ソムリエ協会の支部長さんというお偉い方で大阪人はチョット怖い(←私的なイメージです笑)
    勇気を振り絞って話掛け、札幌から来たことを伝えると、とても優しい口調で接し頂き
    ワインのお話も親切に色々とお話下さって、楽しい時間を過ごさせて頂くことが出来ました。

     

    個人的には、とても好きな雰囲気のお店でした。
    ワイン好きな方とデートにも良さそうですので、皆様も是非♫

     

    席数に限りがありますので、一度お電話をしてからの方が良いと思います。
    ▼Wine Bar Gさん(facebookページ)

     

     

    もう少し時間に余裕があれば見学したいところや会いたい人もいたのですが、
    ワインが繋いでくれる人の魅力と北海道の涼しさを実感出来た24時間でした♫

  • 2016.06.23

    第3回基本技術フォローアップセミナー

    皆様こんにちは。
    円山別邸のオーナーソムリエ 田中栄治です。

     

    昨日、日本ソムリエ協会が主催する年に一度のフォローアップセミナーに参加して参りました。
    講師は先日のコンクールで世界と戦った石田ソムリエと森ソムリエのお二人という贅沢さです。
    KIMG1811

     

    09:00~20:30まで世界のワイン動向や最新情報から、世界ソムリエコンクールでのお話、ソムリエとしての心構えなど沢山のことを聴かせて頂き、世界トップレベルのお二人からテイスティングのレクチャーもして頂ける内容の濃い1日でした。
    ハガキ

    テイスティング

    ワインは広く深く複雑で面倒に思われる面もありますが、
    本当に様々な魅力に溢れている飲み物です。

     

    私の錆付き始めた頭は少々パンク気味ですが、これからも学ぶことを怠らぬように努め、この素晴らしいワインで皆様に素敵な時間を過ごして頂けるお手伝いをしてゆきたいと、改めて感じた日となりました。

     

    昨日得ることが出来た知識のその欠片で、少しでも皆様のお役に立てたら嬉しいです。

  • 2016.06.07

    [イベントレポート]06/05 ワイン検定有資格者対象テイスティングセミナーと懇親会ランチ

    当店 円山別邸にて、J.S.A.ワイン検定の有資格者を対象として「プロのテイスティング~目的とやりかたについて」をテーマにテイスティングセミナーを開催致しました。

     

    ワインを鑑賞して、そのワインがどのようなワインなのかをより詳細に知ることを目的としたテイスティング手法。
    それを言葉にすることでコミュニケーションをはかる方法をワイン検定のテキストにそって解説。

     

    その後、4種類(白2アイテム・赤2アイテム)のワインを使って実際にテイスティングして頂き、田中栄治(円山別邸オーナーソムリエ)によるテイスティングコメントを聞いて頂きました。

     

    今回初めてデギュスタシオン(比較試飲)を体験された方も多く、経験者の方でも日光の光りでみるワインの美しさやブドウ品種によるハッキリとした違いに驚かれなど沢山の気付きがある様子がありました。

     

    2016.06.05

     

     

    [質疑応答※抜粋]
    Q:「ミネラル」という表現はどういうものなのですか?
    A:ソムリエ同士でも話題になることがよくありますが、かなりファジーな使い方をされる使い勝手の良い?表現です(笑)
    塩分や鉄分・鉱物質などのニュアンスを感じた時に使われます。

     

    Q:シラーは必ず色が濃くて、ピノ・ノワールは必ず透き通った色をしているのですか?
    A:その傾向が極めて高いです。
    ブドウ品種による果皮の色や厚みによって、基本的にはそのワインの色が決まるからです。、
    しかし、醸造方法などによりシラー品種で淡い色のワインを作る事も可能ですので絶対ではありません。

     

    Q:ブドウの品種は必ずボトルに記載されているのですか?
    書かれているものと、書かれていないものがあります。ヨーロッパ諸国など厳格なワイン法が制定されている国では、その基準によりブドウ品種の記載が許可されないものもあります。

     

     

    KIMG1754

    [テイスティングリスト]
    全てフランス産で統一され、比較的入手しやすいワインでメジャーなブドウ品種と手頃な価格帯のものが用意されました。

    ①Alpha Loire Enclos du Petit Chien Cheverny 2012 アルファ ロワール アンクロ デュ プティ シュナン シュヴェルニー 2012
    ・輸入元/株式会社リラックス(横浜市中区)
    ・購入先/マダムブティックつるもと(札幌市手稲区)
    ・生産地/フランス>ロワール地方>シュベルニー地区
    ・タイプ/白 辛口
    ・ブドウ品種/90%ソーヴィニヨン・ブラン 10%シャルドネ
    ・参考価格/2000円

    ②Laboure-Roi Chardonnay Vin de France 2014 ラブレ・ロワ シャルドネ ヴァン・ド・フランス2014
    ・輸入元/サッポロビール株式会社(東京都)
    ・購入先/東光ストア(札幌市中央区)
    ・生産地/フランス>ブルゴーニュ地方
    ・タイプ/白 辛口
    ・ブドウ品種/シャルドネ
    ・参考価格/1180円

    ③Bourgogne PinotNoir red EXPERT CLUB 2011 ブルゴーニュ エキスパートクラブ ピノノワール 2011
    ・輸入元/㈱セイコーフレッシュフーズ(札幌市白石区)
    ・購入先/セイコーマート(札幌市中央区)
    ・生産地/フランス>ブルゴーニュ地方
    ・タイプ/赤 ミディアムボディ
    ・ブドウ品種/ピノ・ノワール
    ・参考価格/1280円

    ④Tortoise Creek2014 トートワーズクリーク2014
    ・輸入元/株式会社リラックス(横浜市中区)
    ・購入先/グリーンショップ(札幌市すすきの)
    ・生産地/フランス>ラングドック地方
    ・タイプ/赤 フルボディ
    ・ブドウ品種/70%シラー 30%ムールヴェドル
    ・参考価格/933円

     

    [懇親会]
    ・会場
    チーズフォンデュ&ワイン円山別邸
    ・料理
    スパークリングワイン(プロセッコ)
    前菜(チーズの天ぷら、エビのエスカベッシュ)
    牡蠣のミルクスープ
    ラクレット
    チーズフォンデュ