lunch 11:00~15:00 dinner 17:00~23:00

当店は完全予約制となっております。

ご予約・お問い合わせTEL.011-215-5584

News&Topics

  • 2018.11.06

    第1回 円山別邸杯 ブラインド・テイスティング大会 優勝者発表

    2018年11月4日(日)に第1回 円山別邸杯 ブラインド・テイスティング大会が開催されました。

     

    優勝者

    宮崎 雅年 様
    Mr. Masatoshi Miyazaki

    おめでとうございます。

     

    <大会後記>

    お蔭様で記念すべき第1回の円山別邸杯ブラインド・テイスティング大会を開催する事が出来ました。
    御参加頂いた皆様、誠に有難うございました。

     

    まだ祭りの後のような、心地好い疲労感でいっぱいです。
    凄く疲れてますが、すぐまたやりたいです!(チョット、ウソデス)

     

    色や香り、そして味からワインを推理して「生産地」「ブドウの品種」などを当てるブラインド・テイスティングで、馴染みが無いという方が殆どの大会でした。
    それでも、貴重な休日の時間に参加して下さった皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。

     

    ワインからブドウ品種を当てるのは凄く難しいことで、全く経験が無い方にとっては「運にまかせてクジを引く」事と同じだったと思います。
    実際に世界大会に出場するような凄いソムリエでもブドウ品種を勘違いする事は珍しくありません。

     

    一流のプロ野球選手が打率4割なんて殆ど打てないのと同じようなものです。
    かと言って、特殊能力を持っている一部の人しか出来ないもの…という訳でもありません。

     

    特別な嗅覚や味覚などが無くても、ブドウ品種からワインの味を想像することはそう難しくはありません。
    それはブドウ品種の個性が味に表れやすいのが、ワインの大きな特徴だからです。

     

    ブドウ品種の特徴を覚えていれば、大まかなワインの味を想像出来ます。
    ワインの味が想像出来るようになれば、料理に合う(料理が美味しくなる)ワインが選べます。

     

    全ての人がプロやマニアのようになる必要はありません。
    ですがワインの味をブドウ品種から想像出来て、
    料理に合わせて選べる程に皆さんの生活にワインが浸透したら、
    どんなに愉しく素晴らしいことでしょう。

     

    今まで気にされなかった方もブドウ品種を少し意識することで、ワインがグッと見えてきます。
    この小さな大会が、その小さなキッカケとなれれば嬉しいです。

     

    第1回 円山別邸杯 ブラインド・テイスティング大会 責任者
    チーズフォンデュ&ワイン円山別邸 田中栄治

  • 2018.10.29

    ワイン会レポート

    北海道のチーズでワインペアリング

    DSC_1751

    ・開催日:2018年10月28日(日)
    ・会 場:チーズフォンデュ&ワイン円山別邸

    DSC_1750

    ワイン会の前半では、酪農王国北海道で造られているナチュラルチーズを使って、タイプ別にチーズの特徴を解説。
    そして、円山別邸がセレクトした6種類のワインを使ってチーズがどれだけ美味しく変化するのかを体験して頂き、ワインの持つ役割や組合せるペアリングのコツ・ポイントなどをお話させて頂きました。

    44943420_1031803040341199_4207105261694877696_n

    DSC_1762

    DSC_1761

    後半では、前半でご紹介したチーズを使った料理のミニコースを御用意。参加者の皆様でご歓談頂きながら、料理とワインのマリアージュを体験して頂くワインペアリングディナーを過ごして頂きました。
    御参加頂いたみなさま、誠に有難うございました。

     

     

     

     

    <ワインリスト>
    ○Ochagavia Late Harvest 2015
    オチャガビア レイト ハーヴェスト

    ○LaCheteau Haut Poitou Sauvignon Blanc Les Cimes 2016
    ラシュトー オー・ポワトー ソーヴィニヨン・ブラン レ・シーム

    ○Ménage à Trois Gold Chardonnay 2016
    メナージュ・ア・トロワ ゴールド シャルドネ

    ○Graham Norton’s Own Pink by Design Rosé 2017
    グラハム・ノートンズ・オウン ピンク・バイ・デザイン ロゼ

    ○Alamos Malbec 2017
    アラモス マルベック

    ○Cave St Pierre Dole du Valais Réserve des Administrateurs 2015
    カーヴ・サン・ピエール ドール・デュ・ヴァレ レゼルヴ・デ・ザドミニストラトゥール

    DSC_1764

     

     

     

     

    <チーズリスト>
    ○フレッシュタイプ
    モッツァレラ-村上牧場(せたな町)

    ○シェーブルタイプ
    十勝シェーブル・炭-ランランファーム(清水町)
    DSC_1756

    ○白カビタイプ
    雪-共働学舎新得農場(新得町)
    DSC_1758

    ○青カビタイプ
    江丹別の青いチーズ-伊勢ファーム(旭川市)

    ○ウオッシュタイプ
    ロビオーラ-白糠酪恵舎(白糠町)

    ○ハードタイプ
    コタン-冨田ファーム(興部町)

     

     

    <ペアリングディナー>
    ○前菜にソーヴィニヨンブラン
    ・炙り帆立とモッツアレラのマリネ仕立て
    ・焼きシェーブルのカナッペ

    ○パスタにシャルドネ
    ・ブルーチーズとスモークベーコンのクリームパスタ

    ○魚介料理に爽やかなロゼ
    ・秋鮭のグリルに白カビチーズ入りラタトゥイユを添えて

    ○肉料理にマルベック
    ・合鴨コンフィにハードチーズとバルサミコのソース

     

    <ミニゲーム大会>

    問題1:ブラインドテイスティングでブドウ品種を当ててください。答えは次の中から5択。
    1)カベルネソーヴィニヨン 2)メルロー 3)シラー 4)ピノノワール 5)サンジョベーゼ

    問題2:このワインの生産地はどこでしょう?国名を当ててください。ヒントは無し!

    答え→問題1:2)メルロー 問題2)チリ

  • 2018.09.24

    KFCに逢わせたいワインたち

    DSC_1509_2

    先日、お客様のワイン会にてケンタッキーフライドチキン(KFC)に合うワインをご提案させて頂きました。

     

    今回、円山別邸がワインセレクトをするにあたり留意したポイントと、セットリストをアップします。
    ワインは料理をより美味しくする為の飲み物。
    皆様でしたら、KFCにどのようなワインを逢わせてあげますか?

     

    —————————–
    重視をしたポイントは
    —————————–
    ①お手軽な価格でフレンドリーなワインであること
    KFCは気軽に楽しめる国民的人気フードなので、ワインも気軽に楽しめるワインを。

     

    ②ワイン(ブドウ品種)の特徴が分かり易いワインであること
    ワイン会での実食後、お気に入りのペアリング(組合せ)に出逢えた時、同じタイプのワインを探し易いようにする為。

     

    ③KFCを美味しくする調味料の役割を果たすワインであること。
    合うワインとは「邪魔をしない」「喉を潤すだけ」のワインでは無く、「より美味しくする」ワインであること。
    そして、あくまでもワインは引立て役であり前面に出過ぎない事。

     

     

    DSC_1511_2
    —————————–
    ペアリングワイン(左から順)
    —————————–
    ○Michel Torino Coleccion Trrontes
    ・生産地:アルゼンチン
    ・品 種:トロンテス
    ・タイプ:白、辛口
    ・特 徴:ジャスミンティを想わせる特徴的なフレーバー。全体的には穏やかで優しい味わい。アルゼンチンを代表する白。
    ハーブティを飲みながらKFCを食べるイメージ。

     

    ○SILENI
    ・生産地:ニュージーランド
    ・品 種:ソーヴィニヨン・ブラン
    ・タイプ:白・辛口
    ・特 徴:グレープフルーツに似た柑橘系の香りと、キリッとした爽やかな酸味が特徴的。国際品種で代表的な白ブドウの1つ。
    KFCに上質な柑橘を絞りかけて食べるイメージ。

     

    ○Stori Marani
    ・生産地:ジョージア(グルジア)
    ・品 種:ルカツィテリ
    ・タイプ:白(オレンジ)・辛口
    ・特 徴:ほど良い熟成香と、穏やかなタンニン(渋み)、旨みをともなう果実のコクを持つ白。世界で話題のオレンジワイン。
    KFCの皮の旨みに、オレンジワインのコク・旨みを調和させるイメージ。

     

    ○KOURTAKI RETSINA
    ・生産地:ギリシア
    ・品 種:サヴァティアノ
    ・タイプ:フレーヴードワイン・白・辛口
    ・特 徴:樹脂系の特徴的な爽やかな香り。木々の樹皮を想わせるスッキリとした香り。脂質のある料理との相性が良い白。
    KFCのスパイスの香りと美味しさに、樹脂系の爽やかさをアクセントとしてプラスするイメージ。

     

    ○グランポレール北海道
    ・生産地:日本
    ・品 種:ツヴァイゲルトレーベ(余市産)
    ・タイプ:赤・辛口
    ・特 徴:北海道を代表するブドウ品種のひとつ。全体的に軽やかでバランス良く、程よい酸味と溶け込んだタンニンが心地良い赤。
    KFCのジューシーな脂質と、程よい酸味とシルキーなタンニン(渋み)が口中で調和するのを楽しむイメージ。

     

    ○MEDICI ERMETE Quercioli Reggiano Lambrusco
    ・生産地:イタリア
    ・品 種:ランブルスコ・サラミーノ、ランブルスコ・マラーニ
    ・タイプ:赤・弱発泡・やや辛口
    ・特 徴:名門メディチ家一族が誇るハイコスパのランブルスコ。イチゴキャンディのような可愛らしさとバラのような美しさを兼ね備えたアロマ。
    ビールやコーラを飲みながらKFCを食べた事がある方は多いはず。その延長線上の向こう側をイメージして。

     

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    以上が今回、円山別邸が提案をさせて頂いたKFCに逢わせたいワインです。
    皆様はどのようなワインとの組合わせが美味しく感じる事でしょうか?

     

    好みのペアリング(組合せ)を探す楽しさは、ワインが持つ大きな魅力の1つです。
    ぜひ、皆様ご自身でも色々とお試しになって下さい。
    とっても楽しいですよ(^-^)