lunch 11:00~15:00 dinner 17:00~23:00

当店は完全予約制となっております。

ご予約・お問い合わせTEL.011-215-5584

News&Topics

  • 2017.01.25

    円山別邸のざっくりレシピ 「地豆のキッシュ」

    KIMG2484

     

    キッシュはフランス北部アルザス=ロレーヌ地方の郷土料理で
    冷えても、温めても美味しく
    ワインのおつまみとしては定番の一品!

     

     

    北海道の美味しい地豆を使った簡単レシピをご紹介致します

     

     

    [材料~19cm型1皿]
    パイ生地 1枚
    強力粉 適量

     

    北海道産 地豆 150g(茹であがり)
    人参 50g
    タマネギ 50g
    ベーコン 50g

     

    卵 2個
    生クリーム 75cc
    牛乳 75cc

     

    お好みのチーズ

     

    塩・こしょう
    ナツメグパウダー
    バター
    コンソメ

     

     

    [作り方]
    ① 塩水に一晩漬けた豆を煮る

     

    ② 人参(少し大きめのみじん切り)を、砂糖・バター・コンソメと一緒に煮る
    KIMG2463

     

     

    ③ ①②を湯切りし、タマネギ(ミジン切り)、ベーコン(ミジン切り)と一緒にバターで炒める
    KIMG2468

     

     

    ④ 卵を溶いて牛乳・生クリーム・塩・コショウ・ナツメグを混ぜあわせる
    KIMG2461

     

     

    ⑤ 型の内側に溶かしバターを薄く塗り、パイ生地を敷いてフォークで全体に穴を開ける

     

     

    ⑥ ③を⑤に敷き詰めチーズを散らして④を静かに注ぐ
    KIMG2471

     

    KIMG2473

     

     

    ⑦ オーブン(180℃)で30分程焼いて完成
    KIMG2475

     

    KIMG2476

     

     

    [ポイント]
    ・オーブンでの焼き加減は頻繁にチェックした方が良いです。
    ・カットする時は、粗熱を取った後に冷蔵庫でよく冷やしてから。
    ・食感が落ちますが冷凍保存も可。ラップとアルミの2重包装がおすすめ。
    ・温め直す時は、オーブンやトースターがおすすめ。

     

     

    [おすすめのワイン]
    フランス・アルザス地方で有名なピノ・ブランで作る白ワイン
    または、ピノ・ノワールの赤ワインを冷やして逢わせるのがオススメです

    KIMG2480

     

     

    KIMG2478 (1)
    ピノ・ブランで作られるワインはしっかりとした骨格があり、
    そのコクとキッシュ(卵)の味わいがフィットします。

     

    冷やしたピノ・ノワールはスッキリとして口当たりと酸味が
    キッシュ(卵)の美味しさを引き立ててくれるので、
    赤ワイン好きな方の前菜にはオススメのペアリングです。

     

    キッシュはお好みの具材でパリエーションは無限大に広がりますので
    ぜひご家庭でも色々と試してみてくださいね

  • 2016.08.27

    円山別邸のざっくりレシピ 「桃モッツァレラサラダ」

    今日は果物の町”余市町”から、とっても美味しい桃が入ったので
    何年か前ブームにもなった「桃モッツァレラ」のサラダを作ってみました。
    桃モッツァレラ2小
    これは良い材料があれば「ちぎって切って混ぜるだけ」で美味しく作れる超かんたんレシピ!
    もはやレシピとも言わないかもしれませんが(笑)シンプルだからこそ、
    朝昼晩、前菜、デザート、ワインのオツマミと、シチュエーションを選ばずいつでも楽しめる料理です。

     

    もちろんこのままでも充分に美味しいのですが、大切な方へおもてなしの際には
    ぜひアッサンブラージュされたやや甘口の白ワインをよく冷やしてから逢わせてあげたい一皿です。

     

    [材料]
    ・桃
    ・モッツァレラチーズ
    ・リーフレタス
    ・レモンピール
    ・スペアミント
    ・塩
    ・胡椒
    ・白ワインビネガー
    ・オリーブオイル
    ・愛情

  • 2016.08.19

    円山別邸のざっくりレシピ~セルヴェルドカニュ

    みなさま残暑お見舞い申し上げます

     

    札幌はもうそろそろ暑さのピークも過ぎた感がありますが、
    まだまだスパークリングワインが恋しい季節!

    そこで今回は、泡にぴったりのフランス・リヨン郷土料理
    「CERVELLE DE CANUT ~セルヴェル・ド・カニュ」のご紹介。
    セルヴェルドカニュ
    泡とチーズのマッチングは意外と難しいのですが、
    この組み合わせは抜群!!私の数多い好物の中の1つでもあります(笑)

    エシャロットなどのハーブの風味とサッパリとした口当たりで野菜やバゲットにも相性が良く、
    食後のデセール前や、食前のアミューズとしても愉しめるのですが、
    円山別邸では少しだけ和風にアレンジをしております。

    世の男性諸君!
    ご存知の通り、泡は女性をより綺麗にしてくれる飲み物です。
    何気なくキリッと冷えた泡を用意して
    大好きな女性の為に、是非作ってあげてください。

     

    [材料]

    フロンマージュ・ブラン 100g
    万能ねぎ 1本
    大葉 1枚
    にんにく 極少々
    塩 少々
    胡椒 少々
    生クリーム 少々
    牛乳 適量

     

    ①水で薄めた牛乳で、にんにくを煮こぼしする
    ②キッチンペーパーを当てたザルにフロマージュブランを入れ、冷蔵庫で寝かせて水分(ホエイ)を切る
    ③万能ねぎ、大葉、にんにく(※他、お好みのフレッシュハーブ)を細かく刻む
    ④②と③に塩・胡椒・生クリームを加え混ぜ合わせたら完成!

     

    ◯追記
    ・店主は、にんにくが極々少量(でも必ず必要)で、胡椒の風味が効いているのが好みです。
    ・お好みで白ワインやオリーブオイルを加えても美味しいです

     

    ▼フロマージュブラン
    フロマージュ=チーズ、ブラン=白、の文字通り「白いチーズ」
    熟成をさせていないフレッシュタイプのチーズで、ヨーグルトに似ていますが酸味が穏やか(無い?)で、とてもあっさりとしたチーズです。
    チーズ特有の香りやクセなどが無いので、チーズが苦手な方にもオススメ。
    チーズ嫌いな方に、チーズだと言わなければ気付かずに美味しいと言って召し上がる「かも」しれません(笑)

     

    今回使用したのは、共働学舎新得農場さんのフロマージュブラン
    こちらかネットで購入も出来ます
    http://www.kyodogakusha.org/online-shop.html