lunch 11:00~15:00 dinner 17:00~23:00

当店は完全予約制となっております。

ご予約・お問い合わせTEL.011-215-5584

News&Topics

  • 2018.03.21

    家飲みオススメワインと、簡単おつまみ!

    機関誌と宝物

     

    日本ソムリエ協会機関誌Sommelier(2018年3月刊)で連載中「あなたの街のワイン女子&ワイン男子が大集合!」の「友達の輪企画」に、円山別邸の田中もオススメの家飲みワイン1本と10分程度で出来る速攻おつまみの作り方を紹介させて頂きました。

     

    ワインは道産子御用達「セイコマ」の赤ワイン
    何と言っても気軽に家飲み出来る価格で抜群のコスパ!

     

    今回その赤ワインとペアリングでご紹介したオツマミはく「マグロ料理」
    日本と同じくマグロが大好きなスペイン!赤身の鉄分や醤油の熟成香とスペインの成熟度が高い果実味溢れる赤ワインが口中で素敵なハーモニーを奏でます。

     

    ————————————————–
    家飲みワイン 田中オススメの1本
    →Anciano Valdepenas アンシアーノ ヴァルデペーニャス
    ————————————————–
    ▼産地名
    Spain > Inland Region > Castilla-La Mancha > Valdepeñas

     

    ▼造り手
    Bodegas Navalon ボデガスナヴァロン

     

    ▼ぶどう品種
    Tempranillo(テンプラニーリョ)

    ▼小売価格(税別)
    602円

     

    ▼ワインの発売会社
    セイコーマート(株式会社セイコーフレッシュフーズ)

     

    ————————————————–
    アンシアーノ ヴァルデペーニャスに合う簡単おつまみ
    →韓国風 づけマグロ
    ————————————————–

    づけ(アップ)
    ▼材料(2人分)
    赤身マグロ160g、鶉の生卵2個、白髪ねぎ少々、白ゴマ少々、漬けタレ[すりおろしニンニク小さじ1、すりおろし生姜小さじ1、醤油大さじ2、胡麻油小さじ1、コチジャン小1、オイスター大さじ1、酒大さじ1]

     

    ▼作り方
    ①熱湯にマグロを通して表面が白くなったら、すぐに氷水で冷やして、キッチンペーパーで水分を取る。
    ②マグロを食べやすい大きさにカットして、事前に合わせておいた漬けタレで和える。
    ③余分なタレを切った②を皿に盛り、鶉の生卵を中央にのせ、最後に白髪ねぎと白ゴマを振って完成。

     

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ▼機関誌 Sommelier
    https://www.sommelier.jp/organpaper/index.html

    一般社団法人日本ソムリエ協会が会員に向けて定期的に発行。
    国内外の最新ワイン情報から技術部による様々な検証など読み応えのある内容です。
    書店等での販売はしておりませんが、ワインを扱っているショップやレストランでご覧頂けるところもございます。

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

  • 2017.07.24

    円山別邸のざっくりレシピ「豚肉の白ワイン煮」

    豚肉の白ワイン完成2

    栄養満点! 意外とサッパリ! 「夏の一皿」

     

    北海道にもやっと夏が来た感じがしますが
    暑さが増してくると食欲が・・・

     

    そこで、今回は栄養豊富で栄養素のバランスもよく
    意外とさっぱりとした味わいで食欲がすすむ
    「豚肉の白ワイン煮」を作ってみましょう!

     

    ホロホロに煮込んだ豚肉の旨み
    白ワインがもたらす上品な酸
    野菜からの出汁とコクのスープ料理です

     

    [材料 10人分]
    豚バラブロック 1kg

    たまねぎ 1/2個
    にんじん 1/4本
    セロリ 1/2本
    ニンニク 少々
    オリーブオイル 適量

    キャベツ


    こしょう
    ディル
    バジル

    セージ
    クミン

    白ワイン 500cc
    水 500cc

     

    [作り方]
    ① 塩・こしょうで豚肉を揉み、ディルとバジルをまぶして一晩寝かせる
    スマイルポーク2
    ② ソフリットを作る。→たまねぎ、にんじん、セロリ、ニンニクを細かく微塵切りにして、オリーブオイルで炒める(※1)
    ソフリット-1

    ソフリット2-2

     

    ③ 一晩寝かせた豚肉を適当な大きさにカットして、表面をしっかりと焼く
    豚焼く-2

     

    豚焼く2-2
    ④ 焼いた肉を鍋に入れてワインを注ぎ、強火で1~2分ほど煮込みアルコール分を飛ばす。
    ⑤ 鍋に水とソフリットを加え一煮立ちさせたら、丁寧にアクを取って極弱火にし、2時間ほど煮込む
    ⑥ 肉が膨らんで柔らかくなったら皿に移し、スープでキャベツを軽く煮てから皿に注いで完成。
    豚肉の白ワイン完成2

     

    フォークで崩れてしまうほど、ホロホロ~っ!
    思わずニヤケてしまう柔らかさです♪
    豚肉の白ワイン-2

     

     

    [ポイント]
    ※1 ソフリットは弱火で焦がさないように気をつける。飴色になるちょっと手前くらいがオススメ。
    ・おいしい豚肉を用意する。肉の品質が味を大きく左右します。
    ・肉をカットする時は、粗熱を取った後に冷蔵庫でよく冷やしてからの方が切りやすいです。
    ・冷凍保存する場合は、肉とスープを別々に。
    ・解凍は自然解凍で、電子レンジは極力使わない方がオススメです。
    ・お好みでゴロゴロとお野菜を加えたり、濃厚なチーズなどを添えたりしながら、お楽しみ下さい。

     

    [おすすめのワイン]
    spk
    コクと旨みがたっぷりの料理ですが、全体的な味の印象は比較的さっぱりとしているので、
    ブラン・ド・ブラン(白ブドウのみ)のキリッとしたスパークリングワイン、もしくは、
    しっかりと骨格のある辛口の白ワインがオススメです。

     

    [備考]
    このレシピは円山別邸で提供している料理のレシピを簡単にアレンジしたもので、
    材料および工程などは多少異なります。

  • 2017.06.23

    円山別邸のざっくりレシピ「スープ・ド・ポワソン」

    _20170623_184010

     

    魚介の濃厚な旨みを堪能する 南仏のスープ料理
    新鮮な魚介を時間と手間をかけて丁寧に調理することで
    ご家庭でもレストランに負けない味が出せる一品です

     

    [材料/約8人前]
    魚のアラ 400g
    殻付き無頭えび 100g

     

    野菜(玉葱、人参、青葱) 500g

     

    ブーケガルニ 適量

     

    白ワイン 400cc
    水 600cc

     

    水煮トマト 100g
    濃縮トマトピューレ 50g

     

    塩・こしょう 適量
    醤油 少々
    オリーブオイル 適量
    ニンニク 少々
    サフラン 一摘み
    カイエンペッパー 少々
    白ワイン 400cc
    水 600cc

     

     

    [作り方]
    ① 魚のアラと殻付きのえびをブツ切りにして、少量のニンニクと一緒にオリーブオイルで軽く炒める

    ② ①に粗く微塵切りにした野菜を加えて塩・こしょうを振り、更に炒める

    ③ 具材全部に熱が通ったら、白ワインを加えて火力を強めて一煮立ちさせ水とブーケガルニと醤油を加える

    ④ 沸いてきたらアクを取り、水煮トマト・ピューレ・サフラン・カイエンペッパーを加えて弱火で20分

    ⑤ ブーケガルニを取り除いてからミキサーにかけ、シノワや目の細かいザルなどを使って、しっかりと漉す

    ⑥ 極弱火に掛けながら、お好みの濃度まで煮詰めたら完成。

     

     

    [食べ方]
    魚介の旨みが凝縮されていて、そのままで充分過ぎるほどの美味しさ!
    魚のフィレを焼いて添えたり、アリオリソースを塗ったバゲットやハード系チーズを添える方も多くいます。

     

     

    [おすすめのワイン]
    ミネラル感のあるキリっとした辛口のスパークリングワインを傾けながら食べるスープ・ド・ポワソンは格別の美味しさ!
    魚介の旨みから来る深く濃厚な味わいを楽しむ為には、骨格のあるしっかりとした辛口の白ワインがオススメです。

    スパークリング
    [備 考]
    ・当レシピは簡易化したものであり、円山別邸で提供する商品と材料・調理法など異なる点がございます。