lunch 11:00~15:00 dinner 17:00~23:00

当店は完全予約制となっております。

ご予約・お問い合わせTEL.011-215-5584

News&Topics

  • 2018.09.24

    KFCに逢わせたいワインたち

    DSC_1509_2

    先日、お客様のワイン会にてケンタッキーフライドチキン(KFC)に合うワインをご提案させて頂きました。

     

    今回、円山別邸がワインセレクトをするにあたり留意したポイントと、セットリストをアップします。
    ワインは料理をより美味しくする為の飲み物。
    皆様でしたら、KFCにどのようなワインを逢わせてあげますか?

     

    —————————–
    重視をしたポイントは
    —————————–
    ①お手軽な価格でフレンドリーなワインであること
    KFCは気軽に楽しめる国民的人気フードなので、ワインも気軽に楽しめるワインを。

     

    ②ワイン(ブドウ品種)の特徴が分かり易いワインであること
    ワイン会での実食後、お気に入りのペアリング(組合せ)に出逢えた時、同じタイプのワインを探し易いようにする為。

     

    ③KFCを美味しくする調味料の役割を果たすワインであること。
    合うワインとは「邪魔をしない」「喉を潤すだけ」のワインでは無く、「より美味しくする」ワインであること。
    そして、あくまでもワインは引立て役であり前面に出過ぎない事。

     

     

    DSC_1511_2
    —————————–
    ペアリングワイン(左から順)
    —————————–
    ○Michel Torino Coleccion Trrontes
    ・生産地:アルゼンチン
    ・品 種:トロンテス
    ・タイプ:白、辛口
    ・特 徴:ジャスミンティを想わせる特徴的なフレーバー。全体的には穏やかで優しい味わい。アルゼンチンを代表する白。
    ハーブティを飲みながらKFCを食べるイメージ。

     

    ○SILENI
    ・生産地:ニュージーランド
    ・品 種:ソーヴィニヨン・ブラン
    ・タイプ:白・辛口
    ・特 徴:グレープフルーツに似た柑橘系の香りと、キリッとした爽やかな酸味が特徴的。国際品種で代表的な白ブドウの1つ。
    KFCに上質な柑橘を絞りかけて食べるイメージ。

     

    ○Stori Marani
    ・生産地:ジョージア(グルジア)
    ・品 種:ルカツィテリ
    ・タイプ:白(オレンジ)・辛口
    ・特 徴:ほど良い熟成香と、穏やかなタンニン(渋み)、旨みをともなう果実のコクを持つ白。世界で話題のオレンジワイン。
    KFCの皮の旨みに、オレンジワインのコク・旨みを調和させるイメージ。

     

    ○KOURTAKI RETSINA
    ・生産地:ギリシア
    ・品 種:サヴァティアノ
    ・タイプ:フレーヴードワイン・白・辛口
    ・特 徴:樹脂系の特徴的な爽やかな香り。木々の樹皮を想わせるスッキリとした香り。脂質のある料理との相性が良い白。
    KFCのスパイスの香りと美味しさに、樹脂系の爽やかさをアクセントとしてプラスするイメージ。

     

    ○グランポレール北海道
    ・生産地:日本
    ・品 種:ツヴァイゲルトレーベ(余市産)
    ・タイプ:赤・辛口
    ・特 徴:北海道を代表するブドウ品種のひとつ。全体的に軽やかでバランス良く、程よい酸味と溶け込んだタンニンが心地良い赤。
    KFCのジューシーな脂質と、程よい酸味とシルキーなタンニン(渋み)が口中で調和するのを楽しむイメージ。

     

    ○MEDICI ERMETE Quercioli Reggiano Lambrusco
    ・生産地:イタリア
    ・品 種:ランブルスコ・サラミーノ、ランブルスコ・マラーニ
    ・タイプ:赤・弱発泡・やや辛口
    ・特 徴:名門メディチ家一族が誇るハイコスパのランブルスコ。イチゴキャンディのような可愛らしさとバラのような美しさを兼ね備えたアロマ。
    ビールやコーラを飲みながらKFCを食べた事がある方は多いはず。その延長線上の向こう側をイメージして。

     

    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    以上が今回、円山別邸が提案をさせて頂いたKFCに逢わせたいワインです。
    皆様はどのようなワインとの組合わせが美味しく感じる事でしょうか?

     

    好みのペアリング(組合せ)を探す楽しさは、ワインが持つ大きな魅力の1つです。
    ぜひ、皆様ご自身でも色々とお試しになって下さい。
    とっても楽しいですよ(^-^)