lunch 11:00~15:00 dinner 17:00~23:00

当店は完全予約制となっております。

ご予約・お問い合わせTEL.011-215-5584

News&Topics

  • 2018.08.18

    デザートとデザートワイン

    お腹がいっぱいでも、なぜか食べれてしまう「デザート」
    今回は、そのデザートとデザートワインのウンチクです(^-^)

     

    DSC_0976_2

    —————————————————-
    まずお分かりの方も多いとは思いますが、念の為に「デザート」と「スイーツ」を区別しておきましょう。

     

    「デザート」はフランス語のデセール(下げる)が語源で、
    食事の最後に満足度を高めて食事を締める為に食べるものを意味し、
    必ずしも「甘いもの」とは限りません。

     

    「スイーツ」は文字通り糖分の高い甘い食べ物を意味します。

     

     

    従来(一昔前?)の日本では、食後のデザートでスイーツという習慣が殆どありませんでした。
    それは和食の料理に砂糖を使うものが多く、食事中に糖分を摂取している為、
    食後には糖分を欲しいと感じる人が少なかった為だと思われます。

     

     

    一方、フレンチや一般的な洋食では料理に砂糖を使う事は少なく、
    食後に糖分(スイーツ)をまとめて摂って満足感を得ていた事が、
    デザートが発達した大きな利用だと考えられます。

     

     

    食事の満足度は、全体的なバランスが大きく影響します。
    洋食を口にする機会が多くなれば、それに伴って必然と食後のデザートにスイーツも食べたくなることでしょう。

     

     

    そして、ここで「デザートワイン」が重要な役目を果たしてくれます!

     

     

    メインの食事からスイーツへ移る際に、糖分が高めで程よい酸味があるデザートワインを口に含むことにより、
    スムーズに味覚が移行します。

     

     

    適度に口が「甘さ」にも慣れることで、よりデザートの満足度を高めてくれる効果があるのです。

     

     

    ワインは、料理の美味しさを引き立てる為の「調味料」
    ぜひ上手に使って、より素敵な食事(=人生)の時間を過ごして頂けたら嬉しいです。