lunch 11:00~15:00 dinner 17:00~23:00

当店は完全予約制となっております。

ご予約・お問い合わせTEL.011-215-5584

News&Topics

  • 2017.03.06

    J.S.A.ワイン検定 合格者の声

    No.3  M.O.(女性)
    「終わった時、とにかくうれしかったです」

     

    ブロンズクラス (2016年09月合格)
    シルバークラス (2016年11月合格)

     

     

     

    ──まず、ワイン検定を受けようと思った動機をお聞かせ下さい。
    ワインは好きでしたが、全然知識が無く、少しでも勉強できたらこれからのワイン選びやワインの飲み方、愉しみ方が変わるのではないかと思って受けました。

     

    ──始めてテキストを見た時、どのような印象を受けましたか?
    ブロンズクラスのテキストは、判りやすいので「すんなり読めそう!」というのが印象です。
    実際読み始めると知らないことがほとんどで、新鮮でした。
    シルバークラスの第一印象は、まず厚さに驚きました。
    ワインの産地がこれほどまで多く、歴史や特徴等さざまなのことに人のワインにそそぐ情熱の深さを感じました。
    個人的には、ただただ読み切ることができるか不安でもありました。

     

    ──シルバークラスのテキストは皆さん驚かれるようですね。

     

    ──勉強はどれくらいされました?
    ブロンズテキストはすんなり読めましたが、覚える というのが難しく実際は、試験1週間ほど前から集中して覚えました。
    シルバーの時は試験1ヶ月間ほど集中する期間が必要でした。
    毎日少しずつでも覚える!と決め、1ページでも見るようにしていました。

     

    ──当日の講習会と試験の感想をお聞かせて下さい
    ブロンズ講習会では、短時間でしたが、講師の判りやすい説明を受けて、すんなり頭に入って来ました。自分で勉強するより何倍も判りやすく、不安も払しょくされました。
    試験中は、緊張感がありましたが、みなさん頑張っておられる姿を見て、励みにもなりました。
    シルバー講習会では、覚えて切れていないところを中心に自分でも整理しながら話を聞くことができました。ブロンズに比べると講習も試験も格段に高度でした。勉強をもっと早くテキストが来たらすぐに行うべきだと少し後悔。
    試験中は、ただ必死に問題に回答していて、周りの雰囲気等を感じる余裕がなかったように思います。終わった時、とにかくうれしかったです。

     

    ──シルバーでは予習も頑張られたようですが、ワイン検定を受けてみて、それまでと何か変わった事などはありますか?
    知識が全くなかったときより、お店でもワインをじっくり見るようになりました。
    味わいについては、おいしい、好き、嫌い、好みでない というような感覚から、ほんの少しですが、研ぎ澄まされた感じがあります。
    表現はたいへん難しいですが、記憶にとどめられるように自分なり言葉にすることが大事だと感じています。
    感覚を表現することを覚えられたら、さらにワインを選んだり眺めたりするときの楽しみにもつながると思います。

     

    ──ワインを知ることによって、飲むだけじゃなく楽しみ方も広がったようですね。

     

    ──最後に、M.O.さんにとって「ワイン」とは何ですか?
    1人でも、2人でも大勢でも、お料理をおいしくしてくれる頼れる友。

     

     

     

    次回 J.S.A.ワイン検定ブロンズクラス
    ■開催/2017年4月2日(日)
    ■受付 /2017年2月3日~3月13日
    ■詳細/ワイン検定ホームページ